マンゴー味

おいしさをとるか健康をとるか青汁の天秤

青汁のイメージというと、抹茶の濃い緑色を思い出します。
そして、テレビやテレビCMで見る限りでは、味や匂いは全く分かりません。
しかし、実際に目の前にして飲むとなると、かなり勇気が必要です。

慣れてしまえば、全く問題ありません。
むしろ、健康にいいから青汁を毎日飲むという人が多くなります。
それでも、毎日青汁を飲むことは、人によってはとても辛いことになります。
でも、健康を取るべきか、おいしさを取るべきか、非常に悩んでしまいます。

現在収穫される野菜だけを毎日食べていても、十分な栄養を摂取できていないことがあります。
それほど、野菜に含まれる栄養素が少なくなってきています。
サプリメントや薬ももちろん使ってもかまいませんが、生の野菜そのものを摂り入れるなら、青汁が一番です。
そして、味や匂いが苦手でどうしても飲むことができないという人に対して、青汁のメーカーでもより美味しいとされる製品を開発しています。

特に子どもにとって、まずくてきつい匂いの飲み物を飲むことは苦痛以外の何者でもありません。
子どもは正直ですから、そうした味や匂いに敏感です。
健康にいいとされるものでも、すぐに青汁を止めてしまうでしょう。

青汁は牛乳や野菜ジュースで割って飲むことで、十分においしさを感じて飲むことができます。
ですから、健康とおいしさを両方得たいと思ったら、少しだけ飲み方に工夫をするだけでいいわけです。
何も生のまま青汁を飲む必要はないからです。

そして、自宅にある牛乳や野菜ジュース、ミックスジュース、りんご酢など、今あるものでおいしさを混ぜて飲むことができます。
飲み合わせに関していうと、医薬品などの薬を飲んでいる人以外は、あまり気を使う必要はありません。
もし、持病で薬を飲んでいる人がいれば、念のため医師に相談しましょう。
子どもから大人、おじいちゃん、おばあちゃんにも最適な青汁です。
このように、青汁はおいしさと健康の両方を満たすことができる健康飲料だということです。

Copyright(C) 2013 体に大事な栄養が詰まっているもの All Rights Reserved.